相場情報

2019年07月17日
NY相場の値動きを映して、国内貴金属はまちまちの展開に↑↓

【金相場】16日のNY金相場は、堅調な6月米国小売売上高を背景に、ドル高進行に圧迫され小反落。中心限月の8月限は1トロイオンス1411.20ドル(-2.30ドル)と、小幅ながら3営業日ぶりに反落して取引きを終了。この日の金相場は、ドルの先安感が意識され時間外取引では買いが優り堅調に推移した。ただ、発表された米国の6月小売売上高が市場予想を上回った事から、外国為替市場ではドルの買い戻しが台頭。ドル建ての金商品は割高感が意識されると、次第に上げ幅を縮小し小幅安で取引きを終えた。

国内の金相場は、小幅ながらマイナス圏に転じたNY相場を映して反落。買取ベースでは1gあたり5,229円(-25円)と、値を下げ反落しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

07/17  5229円 (-25円)

07/16  5254円 (+4円)

07/12  5250円 (-50円)

07/11  5300円 (+74円)

07/10  5226円 (+12円)

07/09  5214円 (+9円)

07/08  5205円 (-37円)

07/05  5242円 (-6円)

07/04  5248円 (-33円)

07/03  5281円 (+126円)

10日間の金相場平均価格:5,238円/g


【パラジウム相場】16日のNYパラジウム相場は、ドル高に圧迫されたほか、このところの高値推移に対する利確売りが出て大幅反落。中心限月の9月限は1トロイオンス1516.30ドル(-46.60ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。この日のパラジウムは、買いが優勢となった前日相場の流れを引き継ぎ時間外取引では上昇した。しかし、6月の米国小売売上高が事前予想を上回る堅調な数字となると、外国為替市場ではドル買いが台頭。ドル建てのパラジウムは割高感が意識されたほか、FRBによる大幅利下げの期待感が後退し売りを誘った。また、前週に過去最高値を記録するなど、価格水準を切り上げていた事もあって利確売りも出た事で、この日は売り優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、利確売りに押されたNY相場を映して軟調に推移。買取では1gあたり5,675円(-114円)と、3営業日続落し、2週間ぶりの安値に値戻しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/17  5,675円 (-114円)

07/16  5,789円 (-27円)

07/12  5,816円 (-86円)

07/11  5,902円 (+113円)

07/10  5,789円 (-10円)

07/09  5,810円 (±0円)

07/08  5,810円 (+37円)

07/05  5,773円 (-27円)

07/04  5,800円 (+38円)

07/03  5,762円 (+22円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,793円/g


12:45現在の金相場は1トロイオンス1408.90ドル、パラジウムは1526.70ドル、為替は1$108円18銭前後の値動きで推移しております。

2019年07月17日
本日の金パラ価格(12%金銀パラジウム合金 買取相場)

GC キャストウェル M.C.の買取価格51,650円(-600円)、その他の12%金パラの買取り価格は51,450円(-600円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1170円(-23円)と、本日地金の金・パラジウムが共に値を下げマイナス圏で推移した事から、金パラも値を下げ3営業日続落。最近の過去最高値水準から一服し、2週間ぶり(6月27日相場)の安値に値戻しました。

https://shikakinzoku-kaitori.com/dentalmetal_kaitori/kinpara.html

2019年07月17日
本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金5,229円(-25円)、パラジウム5,675円(-114円)、銀57.35円(+0.65円)、プラチナ3,140円(+9円)と、国内貴金属はまちまちの展開に。金はドル高に圧迫されたNY相場を映して、国内でもマイナス圏に転じ反落。また、パラジウムも利確売りに押されたNY相場の下げを映して、国内でも軟調な展開となり3日続落。一方、銀は続伸し4月22日相場以来およそ3ヵ月ぶりの高値をつけたほか、プラチナも値を伸ばし5月17日相場以来およそ2ヵ月ぶりの高値を更新しました。

2019年07月17日
16日 海外貴金属相場

【16日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1411.20ドル(-2.30ドル)

銀:1567.80セント(+31.30セント)

パラジウム:1516.30ドル(-46.60ドル)

プラチナ:846.90ドル(+1.70ドル)

2019年07月16日
連休明けの国内貴金属は、パラジウムを除いて堅調に推移↑

【金相場】週明け15日のNY金相場は、米利下げ観測が根強く、金への資金流入が続くとの見方を背景に上昇。中心限月の8月限は1トロイオンス1413.50ドル(+1.30ドル)と、横ばい圏ながら小幅続伸して取引きを終了。序盤の金相場は、中国景気の減速を背景に買いが入り上昇した。ただ、中国GDPと同時に発表された6月の小売売上高、鉱工業生産はいずれも予想を上回ったため、リスク回避的な金買いは限定的となったほか、外国為替市場でドルが対ユーロで堅調に推移したこともドル建てで取引される金商品の割高感につながり、相場の上値を抑える展開となった。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)による月内の利下げ観測が引き続き、金利を生まない資産である金相場を下支え。米中貿易摩擦が長期化し交渉が難航するとの不透明感や世界的な景気減速懸念、イランをめぐる中東の地政学的リスクの高まりなども相場の支援要因となり、終値では小幅高で取引きを終えた。

連休明け国内金相場は、海外相場が上伸した事を映して小反発。買取ベースでは1gあたり5,254円(+4円)と、横ばいながら小幅高に振れ反発しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

07/16  5254円 (+4円)

07/12  5250円 (-50円)

07/11  5300円 (+74円)

07/10  5226円 (+12円)

07/09  5214円 (+9円)

07/08  5205円 (-37円)

07/05  5242円 (-6円)

07/04  5248円 (-33円)

07/03  5281円 (+126円)

07/02  5155円 (-21円)

10日間の金相場平均価格:5,238円/g


【パラジウム相場】週明け15日のNYパラジウム相場は、前週末の下げに対する反動から買い戻され急反発。中心限月の9月限は1トロイオンス1562.90ドル(+20.50ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。この日のパラジウムは、利確売りに押された前週末相場の反動から、序盤より買い戻しが入り上昇した。また、他貴金属の上昇や、中国の6月小売売上高、鉱工業生産がいずれも良好な内容となった事も、買い材料となり堅調に推移した。途中、ドル高の進行や、投資家心理の後退を受け、やや上値を抑えられる場面もあったが、下値では押し目買いが入り、この日は買い優勢で取引きを終えた。

連休明け国内パラジウムは、マイナス圏で推移。買取では1gあたり5,789円(-27円)と、値を下げ続落しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

07/16  5,789円 (-27円)

07/12  5,816円 (-86円)

07/11  5,902円 (+113円)

07/10  5,789円 (-10円)

07/09  5,810円 (±0円)

07/08  5,810円 (+37円)

07/05  5,773円 (-27円)

07/04  5,800円 (+38円)

07/03  5,762円 (+22円)

07/02  5,740円 (+27円)

10日間のパラジウム相場平均価格:5,799円/g

12:15現在の金相場は1トロイオンス1417.85ドル、パラジウムは1565.90ドル、為替は1$107円96銭前後の値動きで推移しております。

相場チャート相場情報