相場情報

2020年09月29日
本日の地金相場-金・銀・パラジウム・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金6,987円(+81円)、パラジウム8,366円(+160円)、銀87.23円(+3.19円)、プラチナ3,272円(+108円)と、国内貴金属は堅調となった週明けのNY相場の流れを映し、総じて買い優勢に反転。金はドル安や安値拾いから堅調に推移した週明けのNY相場を映し、国内でもプラス圏で圏で推移し急反発。23日相場以来およそ1週間ぶりの高値となったほか、銀も大幅高に振れ金同様に23日相場ぶりの高値に回復。また、白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を上げ、パラジウムは8,300円台に乗せ18日相場(約1週間)ぶり、プラチナは3日続伸しパラジウム同様に18日相場ぶりの高値となりました。

2020年09月29日
週明け28日 海外貴金属相場

【28日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1882.30ドル(+16.00ドル)

銀:2360.40セント(+51.10セント)

パラジウム:2271.50ドル(+49.30ドル)

プラチナ:882.60ドル(+40.60ドル)

2020年09月28日
週末のNY相場の値動きを映し、国内貴金属はプラチナを除いてマイナス圏へ反転。

【金相場】週末25日のNY金相場は、ドル高・ユーロ安が意識された事や、持ち高調整から売りが優り反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1866.30ドル(-10.60ドル)と、マイナス圏に転じて取引きを終了。英国・フランス・スペインなど欧州の一部で新型コロナの新規感染者が増加する中、「第2波」への警戒感から一部都市は規制の再強化に乗り出している事を受け、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行。ドル建てで取引される金商品には割高感が意識され、売りが先行した。ただ、景気の先行き懸念から買い戻される場面もあったほか、新型コロナウイルス危機対応の追加景気対策をめぐる米与野党協議の進展に不透明感が広がる中、積極的な売り買いは手控えられ下値は限定的となった。

国内の金相場は、ドル高に圧迫された週末のNY相場を映し反落。買取ベースでは1gあたり6,906円(-23円)と、マイナス圏に転じ反落となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

09/28  6906円 (-23円)

09/25  6929円 (+27円)

09/24  6902円 (-140円)

09/23  7042円 (-36円)

09/18  7186円 (-36円)

09/17  7222円 (-5円)

09/16  7227円 (-47円)

09/15  7274円 (+26円)

09/14  7248円 (-23円)

09/11  7271円 (+1円)

10日間の金相場平均価格:7,121円/g


【パラジウム相場】週末25日のNYパラジウム相場は、ドル高による割高感や持ち高調整から売りが優り続落。中心限月の12月限は1トロイオンス2222.20ドル(-4.70ドル)と、マイナス圏で取引きを終了。英国やフランスなど欧州の一部が新型コロナウィルスの感染対策を強化しており、景気の下振れリスクが再燃しているほか、米国では追加財政支援がまとまらず不透明感からドル買い・ユーロ売りが進んだ事を受け、ドル建てのパラジウムは他貴金属同様に割高感が意識され軟調となった。しかし、米国株が押し目買い優勢の動きとなると、パラジウムも買い戻される展開となり、下値は限定的となった。

国内のパラジウム相場は、小安く推移した週末のNY相場を映しマイナス圏へ反転。買取では1gあたり8,206円(-61円)と、値を落とし反落となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

09/28  8206円 (-61円)

09/25  8267円 (+77円)

09/24  8190円 (-38円)

09/23  8228円 (-347円)

09/18  8575円 (-170円)

09/17  8745円 (-33円)

09/16  8778円 (+225円)

09/15  8553円 (-71円)

09/14  8624円 (+121円)

09/11  8503円 (-22円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,467円/g


11:35現在の金相場は1トロイオンス1868.70ドル、パラジウムは2232.90ドル、為替は1$105円39銭前後の値動きで推移しております。

2020年09月28日
本日の金パラ価格(12%金銀パラジウム合金 買取価格)

GC キャストウェル M.C.の買取価格76,000円(-250円)、その他の12%金パラの買取り価格75,800円(-250円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,917円(-9円)と、本日地金の金・パラジウムが共にマイナス圏に転じ反落した事から、金パラも値を下げ反落となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2020年09月28日
地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,906円(-23円)、パラジウム8,206円(-61円)、銀84.04円(-0.44円)、プラチナ3,164円(+1円)と、国内貴金属は週末のNY相場の流れを映し、プラチナを除いてマイナス圏へ反転。金は週末のNY相場が持ち高調整から売りに転じた事で、国内でもマイナス圏で推移し反落。また、銀も値を下げ反落したほか、パラジウムもマイナス圏に転じ反落。一方、プラチナは値を上げたNY相場を受け、横ばい圏ながら小幅続伸となりました。

相場チャート相場情報