相場情報

2020年04月01日
17:00現在の金・パラジウム・為替相場

17:00現在の金相場は1トロイオンス1600.15ドル、パラジウムは2245.20ドル、為替は1$107円62銭前後の値動きで推移しております。

2020年04月01日
NY相場の値動きや為替動向から、国内貴金属は総じてマイナスサイドでの値動きに↓

【金相場】31日のNY金相場は、中国の景況感の大幅改善を背景に投資家のリスク回避姿勢が後退し続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1596.60ドル(-46.60ドル)と、売り優勢で取引きを終了。この日、中国国家統計局が発表した3月の製造業購買担当者景況指数(PMI)は、前月比16.3ポイント上昇の52.0と、新型コロナウイルスの感染拡大で過去最低となった2月(35.7)から大幅に回復し、景気の拡大・縮小を判断する節目の50を3カ月ぶりに上回る堅調な内容となった。これを受け、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退する中、金商品は時間外取引きより利益を確定する動きが広がり軟調となった。また、外国為替市場では、海外市場でドル買いが進んだ流れを引き継ぎ、主要通貨に対するドル高が進行。ドル建て商品の割高感が強まったことも金相場の圧迫要因となったほか、ロシア中央銀行が4月1日から金の購入を一時停止すると報じられた事も材料視された。ただ、新型コロナの世界的な感染拡大を背景に、経済活動の長期的な停滞に伴う景気悪化懸念が意識され、安全資産である金への需要は底堅く下値を支えている。

国内の金相場は、売り優勢となったNY相場の値動きや円高要因から軟調地合いが継続し5日続落。買取ベースでは1gあたり5,912円(-174円)と、マイナス圏での値動きとなりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/01  5912円 (-174円)

03/31  6086円 (-12円)

03/28  6098円 (-91円)

03/27  6189円 (-29円)

03/26  6218円 (-138円)

03/25  6356円 (+264円)

03/24  6092円 (+296円)

03/23  5796円 (+114円)

03/19  5682円 (-114円)

03/18  5796円 (+148円)

10日間の金相場平均価格:6,023円/g


【パラジウム相場】31日のNYパラジウム相場は、中国の3月製造業購買担当者景気指数(PMI)が大幅改善した事が好感され前日比+4.6%と大幅続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス2304.80ドル(+107.20ドル)と、終値では10日相場(2317.40ドル)以来3週間ぶりの高値を付け、同日ぶりに節目の2300ドル台にのせて取引きを終了。発表された中国の3月製造業購買担当者景気指数(PMI)が、過去最低となった2月(35.7)から大幅改善し、好不況の境目である50を3ヶ月ぶりに上回るなど良好な内容となった。これを受けて、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退する中、パラジウムには買いが入り上げ幅を拡大。2300ドルを突破するとテクニカルな買いが入り、一時2368ドルと一段高を記録した。その後、反落の動きとなった米国株を眺め、やや上げ幅を縮小するも、ドル安一服や原油相場の上昇が意識され、2300ドル台を維持して引けた。

国内のパラジウムは、急騰し価格水準を切り上げたNY相場高を映すも、引け後の売り戻しや円高要因から上げを消化しマイナスサイドへ反転。買取では1gあたり8,872円(-49円)と、値を下げる展開となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/01  8872円 (-49円)

03/31  8921円 (+203円)

03/30  8718円 (-220円)

03/27  8938円 (-170円)

03/26  9108円 (+1452円)

03/25  7656円 (+753円)

03/24  6903円 (+638円)

03/23  6265円 (+17円)

03/19  6248円 (+27円)

03/18  6221円 (+94円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,785円/g


11:35現在の金相場は1トロイオンス1591.55ドル、パラジウムは2246.90ドル、為替は1$107円84銭前後の値動きで推移しております。

2020年04月01日
本日の金パラ価格(12%金銀パラジウム合金 買取相場)

GC キャストウェル M.C.の買取価格74,300円(-750円)、その他の12%金パラの買取り価格は74,100円(-750円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1,798円(-28円)と、本日地金が揃ってマイナス圏で推移した事から、金パラも値を下げ反落となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒い展開が続いております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2020年04月01日
地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金5,912円(-174円)、パラジウム8,872円(-49円)、銀51.81円(-0.55円)、プラチナ2,731円(-72円)と、国内貴金属はNY市場の値動きや円高要因から総じて軟調に推移。金はNY相場が売り優勢となった事や為替が円高に傾斜した事を映し、国内でもマイナス圏で推移し5日続落したほか、銀も値を下げ金同様に5日続落。また、白金族のパラジウム・プラチナも値を下げ、パラジウムはNY相場では+4.6%と上げ幅を拡大し2300ドルを突破するなど一段高で引けるも、時間外取引きでの下げや円高要因から国内相場ではマイナスサイドに転じ反落。プラチナは3日続落となりました。

2020年04月01日
31日 海外貴金属相場

【31日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1596.60ドル(-46.60ドル)

銀:1415.60セント(+2.40セント)

パラジウム:2304.80ドル(+107.20ドル)

プラチナ:729.90ドル(+6.10ドル)

相場チャート相場情報