相場情報

2021年04月23日
本日の金パラ価格(12%金銀パラジウム合金 買取価格)

GC キャストウェル M.C.の買取価格88,400円(-800円)、その他の12%金パラの買取価格88,200円(-800円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,312円(-26円)と、本日地金が総じて値を下げ上値追い一服となった事から、金パラも値を下げ反落。前日に記録した過去最高値から値を落とし、本日はマイナス圏での値動きとなりました。
現在、供給逼迫への警戒感からパラジウム高騰を背景に、金パラも記録的高値水準で推移するなど急騰中。月間では本日までに+3,800円(+4.3%)となり、年初来では+7,950円(+9%)と価格水準を大幅に切り上げての推移となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2021年04月23日
地金流通協会発表-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金6,738円(-38円)、パラジウム10,659円(-198円)、銀98.12円(-1.43円)、プラチナ4,534円(-55円)と、国内貴金属はNY相場の値動きを映し総じて反落。金はNY相場が3営業日ぶりにマイナスサイドに転じ、約2ヶ月ぶりの高値から値を下げた事を映し、国内でも3営業日ぶりに反落し約2ヶ月半ぶり(2月3日相場来)の高値から後退したほか、銀もマイナス圏に反転し、およそ1ヶ月ぶり(3月18日相場来)の高値から値を下げる展開に。また、白金族のパラジウム・プラチナも利確売りに押された事でそれぞれ反落し、パラジウムは過去最高値を記録した2020年2月28日相場(10,923円)以来およそ1年2ヶ月ぶりの高値から値を落とすなど、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

2021年04月23日
22日海外貴金属相場

【22日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1782.00ドル(-11.10ドル)

銀:2618.00セント(-39.00セント)

パラジウム:2842.90ドル(-32.70ドル)

プラチナ:1208.50ドル(-6.20ドル)

2021年04月22日
国内貴金属は軒並み一段高に↑金は約2ヶ月半ぶりの高値を付け、パラジウムは過去最高値水準まで急騰し価格水準を切り上げる展開に。

【金相場】21日のNY金相場は、世界の一部で新型コロナウイルスの感染が拡大している事が警戒されたほか、米長期金利の落ち着きを眺めて買われ続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1793.10ドル(+14.70ドル)と、節目の1800ドル圏内まで浮上し、中心終値では2月27日相場(1797.90ドル)以来およそ2ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。米10年債利回りが5週間ぶり低水準付近にとどまったため、金利の付かない金の魅力が相対的に高まった。また、新型コロナウイルスの感染者増加をめぐって警戒感の高まりも安全資産として金を買う動きを促し上げ幅を拡大。相場は一時1798ドル超まで買いが進み、1800ドル圏内まで価格水準を切り上げる展開となった。

国内の金相場は、約2ヶ月ぶりの高値で引けたNY相場を映し上伸。買取ベースでは1gあたり6,776円(+55円)と、直近高値を上抜き、2月3日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの高値を更新しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

04/22  6,776円 (+55円)

04/21  6,721円 (+20円)

04/20  6,701円 (-63円)

04/19  6,764円 (+46円)

04/16  6,718円 (+80円)

04/15  6,638円 (-28円)

04/14  6,666円 (+17円)

04/13  6,649円 (-44円)

04/12  6,693円 (-23円)

04/09  6,716円 (+30円)

10日間の金相場平均価格:6,704円/g


【パラジウム相場】21日のNYパラジウム相場は、米国株が下げ止まったことや、テクニカル要因、需給バランスの観点から買いが殺到し急騰。中心限月の6月限は1トロイオンス2875.60ドル(+118.20ドル)と、一代高値を更新。19日に記録した歴代高値(2813.60ドル)を大幅に上抜き、史上最高値を更新するなど価格水準を切り上げて取引きを終了。前日にはこのところの連騰に対する利確売りや、リスクオフの流れを受け売りが出たが、この日のパラジウムは安値を意識した自律反発から、時間外取引きより買いが先行した。また、依然としてロシアによる供給減少が警戒されている事に加えて、米国や中国経済の本格稼働が意識され出し需要が旺盛となるとの見立てから、需給バランスの観点での買いが進み上げ幅を拡大。米国株の上昇や、半導体製造装置メーカーの蘭ASMLの好決算、テクニカルな買いも巻き込み、相場は一時2892ドルと節目の2900ドル圏内まで急騰した。

国内のパラジウム相場は、一代高値を更新し価格水準を切り上げたNY相場高を映し急騰。買取では1gあたり10,857円(+379円)と、20日に付けた年初来高値(10,544円)を大きく上抜いて、過去最高値を記録した2020年2月28日相場(10,923円)以来およそ1年2ヶ月ぶりの高値更新となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

04/22  10,857円 (+379円)

04/21  10,478円 (-66円)

04/20  10,544円 (+39円)

04/19  10,505円 (+115円)

04/16  10,390円 (+165円)

04/15  10,225円 (-16円)

04/14  10,241円 (-39円)

04/13  10,280円 (+127円)

04/12  10,153円 (+66円)

04/09  10,087円 (-17円)

10日間のパラジウム相場平均価格:10,376円/g


11:55現在の金相場は1トロイオンス1798.65ドル、パラジウムは2886.90ドル、為替は1$107円98銭前後の値動きで推移しております。

2021年04月22日
本日の金パラ価格(12%金銀パラジウム合金 買取価格)

GC キャストウェル M.C.の買取価格89,200円(+1,500円)、その他の12%金パラの買取価格89,000円(+1,500円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,338円(+50円)と、本日地金が軒並み一段高となり、中でもパラジウムが過去最高値水準まで急騰した事を受け、金パラも大幅高となり初の89,000円台に乗せるなど一代高値を更新。20日に記録した歴代高値を塗り替え、史上最高値を記録しました。
現在、供給逼迫への警戒感からパラジウム高騰を背景に、金パラも連日で高値記録を更新し急騰中。月間では+4,600円(+5.1%)となり、年初来では+8,750円(+9.8%)と価格水準を大幅に切り上げての推移となっております。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

相場チャート相場情報